Taha Abedian was born in Teheran in 1977.

He grew up in an artistic family and took his first music lesson at the age of 7 in Iranian Art music with Se-Tar under supervision of Mahmoud Tajdbakhsh (1924-1999).

1989 -1994, He has studied at the Teheran Conservatory (Violin/Viola) under with Teymour Poortorab, private lessons with Valodia Tarkanian, Principal violist of the North Netherland Symphony Orchestra.

1994, he came through Austrian Conductor/Composer Thomas Christian David (1925-2006) to continue his Studies in Vienna, with Klaus Peisteiner (Principal violist of the Vienna Philharmonic Orchestra) and graduated in 2004 at the Joseph Matthias Hauer Conservatory in Wiener Neustadt Lower Austria.

1996, 1st Prize of the International Viola Competition performing works by Carl Stamitz and Henry Vieuxtemps in Murcia, Spain.

1997, Principal violist of the Pacific Music Festival Symphony Orchestra in Japan (conductors: Christoph Eschenbach, Yutaka Sado.

1993 - 2006 Chamber music Studies, Composition and Conducting Lessons with Prof. Thomas Christian David, Prof. Bijan Khadem-Missagh (1st concertmaster of the NTO symphony orchestra), Prof. Johannes Meissl (Artis Quartet) and Prof. Hans Peter Ochsenhofer (Vienna Philharmonic) and Prof. Ilsee Wincor a.o. at the University of Music and Performing Arts in Vienna.

He has perfomed with various Viennese and International Ensembles in Europe, Asia USA, South Africa and LATIN America.

2011, Debut-Concert in Carnegie hall with the ABEDIAN STRING TRIO, New York 2011.

Other Actvities:

2003 - 2005 Principal violist of the Graz Symphony Orchestra (Austria).

Courses for Violin, Viola and Chamber music in Iran, Japan and Turkey.

 

Taha Abedian

タハ・アベディアンは、ウィーン・フィルの伝統を受け継いだヴィオリストといえる。ウィーン国立音楽大学で、当時ウィーン・フィルのヴィオラセクションのリーダを務めていたクラウス・パイシュタイナー教授のもとで学び、後に、同じくウィーン・フィルのハンス・ペーター・オクセンホファー教授について、世界一有名な、あの楽団独自の音楽と奏法を学び取った。それだけではない。さらに、本物のウィーン・フィルと、その母体であるウィーン国立歌劇場管弦楽団の補助団員として数多くのコンサートに参加し、実戦の場で腕にいっそうの磨きをかけているのだ。1996年にはスペインの国際ヴィオラ・コンクールで優勝。現在は、オーストリア・グラーツ交響楽団のソロ・ヴィオラ奏者を務めているほか、ウィーンフィルなどのオーケストラに数多く参加し、ウィーン・ヘルシンキアンサンブルのメンバーとしても活躍している。近年では多くのウィーンフィル楽団員が参加するオーケストラの指揮者としても活躍している。 レッスンでは、ヴァイオリン、ヴィオラを問わず「私がウィーンで学んだもの全てを教える」と彼自身が言う。テクニックの習得には、セヴシックやフレッシュ、ガラミアンなどのメソッドをこだわりなく取り入れるが、音楽的な最終目標は、レガートフィーリングにあふれたウィーンの音だ。しっかりした伝統的奏法を習得しておけば、あらゆる演奏の基礎にもなる。 2008年度からウィーン・プライナー音楽院教授に就任。

© 2009 All Rights reserved by And VISION Inc. Tokio. Japan

 

Download Taha Abedian's Biography as PDF here

 

 

 

 

 


 

HOME         Biography         References         Repertoire        Concerts         Projects         Audio    Video         Gallery        Contact